3年目の責務

ダイアリーをご覧の皆さま、こんにちは。

3年目QB佐藤健です。
札幌では新規のコロナ感染者も減少傾向にあり、気温も暖かくなってきたため外出してる人が以前よりも多くなりました。しかし、慢心することなく日々感染対策を徹底し今後も感染者を増やさないように努めてまいります。

先日、全国大学選手権大会の中止がほぼ確実となる発表がありました。それにより、北海道大学が甲子園ボウルに出場することはなくなりました。パインボウルですら開催が危ぶまれる状況です。
現在は第一目標として北日本制覇を掲げていますが、今後もそこは変わらず引き続き目標として目指し、全員で集まって練習はできない中でジムや公園などを利用して戦闘準備を整えております。

今年のコロナ禍でチームの実質的な活動期間は例年の半分ほどになり、大会も縮小されました。
自分は3年目なので来年以降、状況が変わる可能性があります。しかし、4年目に関しては今年が最後の年で引退となります。今回の件も1番ショックを受けているのは間違いなく4年目です。ずっと出来ていなかったフットボールが出来る喜びを噛みしめながらも、このチームに入って3年近く、1つ上の先輩として長く自分たちを支え育ててくれた4年目に後悔の残らないようなシーズンを送ってもらうことが我々3年目の責務であるとも考えています。
人生で1番濃密な半年間を過ごしてもらえるように、自分も今できる最高の準備を続けてまいります。

最後になりましたが、OB・OG、保護者を始めとするBigGreenを応援してくださる皆様、日々のご支援ありがとうございます。特に保護者の皆様は、このコロナ禍で北海道で一人暮らしする我が子を心配することが多いと思われます。我々もその心配のタネを消せるように徹底した感染対策のもと活動してまいります。今後とも変わらぬご支援・ご声援をよろしくお願いいたします。

 170 total views,  2 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。