最後の一年を終えて

Diaryをご覧の皆さま、こんにちは。4年目の元DBリーダーの大宅翔貴です。札幌も雪が徐々に積りはじめ、今年も徒歩の生活が始まりそうです。

我々4年目は11/3の北海学園戦をもって北日本制覇の道半ばで引退になりました。後輩たちには大きな課題を残してしまい申し訳ございません。引退から一週間以上経ち、いまだに悔しさが残るところもありますが、どこかやり切った感じも自分の中にはあります。

思い返せば、昨シーズンの終了も11/3で僕はその日からまる一年間4年目の自覚を持ち、食事やウエイトを妥協せず、コロナウイルスによる24条グランド上陸が遅れたことは想定外でしたがAll Outのスローガンのもと全体練習が制限される中、体幹トレーニングやランメニューなどの基礎トレーニングなども全力で取り組みました。正直に言いますとこれほど心身ともに限界まで追い込んだ一年はありませんでした。体の面では膝が曲がらなくなったり、心の面では練習でのミスやDB選手の私生活の乱れ(DBパートはなぜか最も寝坊が多いパートで有名です)の責任などをzoomで怒られる日々によってパソコンを見るのが怖くなったりしました。我ながらよく逃げずにやり遂げたなと思います。しかしこれは同期や学生コーチが相談に乗ってくれたり、支えてくれたからだとつくづく思います。本当にありがとうございました。特にパートでの苦楽を共にしたDB 4年目の二人には感謝しています。

最後になりましたが、今シーズンは例年と比べ、イレギュラーなシーズンのなかOB・OG・保護者の皆さまご支援ご声援本当にありがとうございました。今シーズンもアメフトや基礎トレーニングが行えたのはご支援があったからこそだと強く感じました。来シーズンもコロナウイルスの影響をどこまで受けるかわかりませんが、どうか今後ともご支援ご声援のほどよろしくお願いいたします。

 170 total views,  3 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。