感謝の気持ち

ダイアリーをご覧の皆さま、こんにちは。4年目TRの近内です。札幌は雪が降っては溶けてを繰り返しており、毎朝大学に自転車で行くか歩いて行くか迷っているところです。

早いもので引退してから約2週間が経ちました。もっとみんなが試合をしているところが見たかった、というのが率直な思いです。ですが学園戦から2週間が経ち引退の実感が湧いてくると、全体練習ができるようになるのか、シーズンが開催されるのか、と不安な日々を過ごしていた数ヶ月前を思い出せば今こうしてシーズンを終えられただけでも幸せだと思えるようになりました。部員の体調管理をしていた私としては、無事部内から感染者が出ることなくシーズンが終わって何よりも安堵しています。

アメフト部で過ごした日々は楽しいことばかりではなかったはずですが、引退してみると自分が想像していたよりもずっと部活が好きだったということに気づきました。今は楽しいことばかり思い出します。
TRリーダーとしての私は頼りない面も多かったと思いますが、ついてきてくれた後輩たちには感謝しています。選手には口うるさい先輩だったと思うけど、ひたむきにアメフトを頑張っているみんなのことをとても尊敬していました。スタッフの皆んなも本当に一生懸命な子達ばかりなので、みんなで助け合って素敵なスタッフチームになってくれると思います。札幌にはまだいるので何か有れば頼ってくれたら嬉しいです。

同期の皆んなには迷惑もかけたし不安な思いをさせてしまったこともあったはずなのに、引退した後にありがとうと言ってもらえてとても嬉しかったです。沢山感謝しています。

コロナ禍の中でイレギュラーなシーズンとなりましたが、沢山のご支援ご声援をありがとうございました。後輩たちは来シーズンの勝利に向けて一生懸命準備を始めています。今後ともbiggreenをよろしくお願いいたします。

 167 total views,  3 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。