WR宮崎が甲子園ボウルで地区優秀選手表彰

全日本大学アメリカンフットボール選手権決勝の第78回甲子園ボウルが行われた12月17日、試合に先立って各地区優秀選手6人の表彰式が甲子園球場の特設フィールド上で行われ、北海道地区代表のWR宮崎大地(北海道大4年)にトロフィーが贈られた。北海道大勢の表彰は、昨年のRB工藤輝一(当時4年)に続き2年連続。
 地区優秀選手は、甲子園ボウル出場を逃した6地区の最優秀選手を表彰するもので、2022年大会から始まった。WR宮崎は今年の道学生選手権(秋季リーグ)のMVPで、4試合で28捕球、598ヤード、7TDを獲得し、北海道大の2年連続28度目の優勝の立役者だった。
 表彰式には6選手がワイシャツの上からそれぞれのチームのユニホームを着用し、愛用のヘルメットを手に登場。宮崎も緑地に背番号29をプリントしたユニホームで先頭で入場した。主催者から記念のトロフィーを受け取った宮崎は、こんな大きな舞台で表彰されて光栄。またアメフトがしたくなりました」と喜びながら「北海道では強豪チームの情報が少ないので、甲子園ボウルのようなレベルの高い試合に刺激をもらってほしい」と後輩たちのステップアップを期待していた。

 296 total views,  5 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です