昨年度を振り返って

ダイアリーをご覧の皆様、こんにちは。新4年目MGの梶山実紗です。
昨シーズンはコロナの影響で練習や新歓など多くの制限がある年でしたが、多くの新入生も入ってくれて秋シーズンを迎えることができました。無事にシーズンを迎えられたのは保護者の方々や顧問の方のお陰であり感謝しています。その中で迎えた学園戦では、このチームが終わってしまう寂しさや、制約が多いなか工夫して練習していたけれどこんなにもあっという間に終わってしまうのか、この1年間のことを思い出すと本当に悔しかったです。
勝負だから”絶対”とは保証されないけれど、努力すればかなりいい所まで連れていってくれて、あと少しで手が届くような所ではその時の流れが勝敗を左右すると思います。次の試合までこの悔しさを100%持ち続けるのは簡単ではないけれど、今の姿勢が試合に直結すると思って残り1年悔いなく過ごして行きたいと思います。

あとこの場をお借りして、昨年のマネージャーリーダーの田村さんに感謝の気持ちを伝えたいです。感謝しきれないほどお世話になりました、本当にありがとうございました。

最後になりますが、保護者の皆様、OB・OGの皆様、いつも変わらぬご支援とご声援をありがとうございます。スタッフとして関わる中で皆様の温かいサポートを実感していると同時に、その周りの方々の応援をチームとして気づかることもマネージャーの仕事であると思ってます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。

 181 total views,  1 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。